Language: Japanese, English (Google Translation)

CHIRIMEN with micro:bit

CHIRIMEN with micro:bit

概要

micro:bitを利用したCHIRIMENの実装を公開しています。CHIRIMENとはボードコンピュータの端子につないだセンサやアクチュエータを使用した(ブラウザ上で動作する)ウェブアプリを動作させる環境です。WebGPIOWebI2C APIが使えるようになります。 micro:bitではウェブラウザは(多分:-)動きませんが、Bluetoothを介して、PC等で動くウェブブラウザ(ChromeなどwebBluetoothをサポートしたもの)とmicro:bitを接続することで、CHIRIMEN環境を構築します。 また、CHIRIMEN with micro:bitでは、WebGPIO,WebI2Cに加え、micro:bitが内蔵しているセンサーやLEDをウェブアプリで使うことができる機能が追加されています。

スタートアップガイド

Examples

以下のページに使用例を掲載します。

その他の情報

注記

この実装は、webGPIOだけを実装したwebGPIO-etc-on-microbit-via-webBluetoothを前身として持ちます。しかしmicro:bitのリソース上の制限から、この実装はそれとまったく異なるものになっています。